« クネビン・フレームワーク | トップページ | 老後の関心領域の分散 »

2023年12月13日 (水)

二元論が必要


民医連が東京を筆頭にした大都市部と大小の県庁所在地にのみ限定して、これまで通り立脚し続けるなら、人口の大半を押さえることはなお可能である。

しかし、それは選挙には有利でも、未来を見通すには決定的に不利だろう。

世界は人間の社会だけでできているのではなく、少なくとも社会と自然の二元論の立場は必要だからである。

野生動物が跋扈する里山、耕作放棄地の広がりがそこからは見えない。




|

« クネビン・フレームワーク | トップページ | 老後の関心領域の分散 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クネビン・フレームワーク | トップページ | 老後の関心領域の分散 »