« 長生きの秘訣 | トップページ | 相談なんかするんじゃなかったー相談による二次被害 »

2023年10月26日 (木)

『嫌な気持ちになったら、どうする? ──ネガティブとの向き合い方 (ちくまプリマー新書)』中村英代著

中村英代「いやな気持ちになったらどうする」のなかで一番参考になったところ

『ある時、よく知っている女子学生から電話で相談を受けていると、魔の時間帯がやってきました。彼女はあることに不満を持っていてその不満をしばらく聞いていたところ、私のなかに「そんなこと言っても、仕方ないよな」という思いが湧きあがってきたんです。私は彼女に対して非受容的になったことがなかったので、なんだろうと思い、ともかく亀になり、体にぎゅっと力を入れて、黙って話を聞き続けました。  
 こうしてしばらく亀になっていたのですが、ある瞬間、張りつめていた私の心はふわっとほどけ、体の緊張がすっと抜けると同時に、その女子学生も前向きなことを話し出したんです。彼女を取り巻く状況は現実的には何も変わらず、具体的な解決策も特にないまま、私までなぜだか前向きな気持ちになり、さわやかな気持ちで電話を切りました。  
 この電話の直後、「あ、これだ」と、確かな手ごたえを感じました。  
 魔の時間帯には、「この人は、なんでこんなことを不満に思うのだろう」という気持ちになって、受容する心から遠のいてしまいます。「文句を言ったって、仕方ないじゃないか」と。でも、これは私の思いではなく、相手のネガティブに感染して一時的にネガティブにとり憑かれているだけなのだということを、この時理解しました。』

—『嫌な気持ちになったら、どうする? ──ネガティブとの向き合い方 (ちくまプリマー新書)』中村英代著から引用

|

« 長生きの秘訣 | トップページ | 相談なんかするんじゃなかったー相談による二次被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長生きの秘訣 | トップページ | 相談なんかするんじゃなかったー相談による二次被害 »