« 医療生協 山口市事務所に 安渓 遊地さんを迎えて | トップページ | 2023.10.14 金沢 民医連学術運動交流集会 読み上げ原稿 »

2023年10月 6日 (金)

塵肺患者に初診で在宅酸素療法を導入するように

7月に日本医師会の産業医の講習に行って、一番役に立ったのは、作業環境管理、作業管理、健康管理、人事管理の4段階の順序を学んだことである。
塵肺で考えると分かりやすい。防塵マスクを装着するように厳しく指導する前に、環境中の粉塵を減らす方が大事である。X線で塵肺の有無を見る健康管理は前の2管理が失敗した時に出番となる。配置替えは前の3管理が全滅したときの最終手段だ。
対人支援もこれに似ている。住宅確保や生活保護利用など生活環境の改善が一番。日々の暮らしへの食糧援助などはその次。情緒的サポートはその後の対策。
*下のマズローの欲求5段階説とも類似する。
もちろん、実際に何をするかは目の前の必要性によるので、塵肺患者に初診で在宅酸素療法を導入するように、支援者がそこにいると強烈に明示することから始まることも多い。
テキストのグラフィックのようです

|

« 医療生協 山口市事務所に 安渓 遊地さんを迎えて | トップページ | 2023.10.14 金沢 民医連学術運動交流集会 読み上げ原稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医療生協 山口市事務所に 安渓 遊地さんを迎えて | トップページ | 2023.10.14 金沢 民医連学術運動交流集会 読み上げ原稿 »