« 豪雨の日 | トップページ | 民医連を民主運動の一典型として »

2023年7月 3日 (月)

韓江「少年が来る」CUON2016年


できれば韓江「少年が来る」CUON2016年の読書会を病院内でしてみたい。

表紙のろうそくは韓国軍に虐殺された学生や市民の死体を保管した講堂で、主人公の少年がニオイ消しにと灯し続けたロウソクだが、魂となって読者を訪れる少年のようでもある。
少年が来る (新しい韓国の文学)

|

« 豪雨の日 | トップページ | 民医連を民主運動の一典型として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪雨の日 | トップページ | 民医連を民主運動の一典型として »