« 大学事情 | トップページ | 深夜の東空 »

2022年9月30日 (金)

2022.9.28 山口民医連理事会挨拶

2022.9.28 県連理事会挨拶

時間外の理事会ご苦労さまです。

わざわざ時間外というのは、実はSNSで「民医連でも女性の活躍こそが将来を決定する最後に残った資源」という発信をしたところ、大分民医連 けんせい歯科所長の後藤ふさえ先生から「重要な方針を決定する会議が時間外や休日に開かれているかぎり、女性の活躍はありえない」という手厳しいコメントをもらったからです。
大分けんせい歯科は山口民医連から移籍した辛島さんが事務長だったところですが、夜間診療はしないという方針を堅持して歯学部奨学生が順調に増えていることで有名です。
もちろん私達はずっと以前から夜間診療の必要性を認めて実践しているのですが、女性の視点から見てその方針を見直す必要はないのかとあくまで柔軟に考えるべきだと思えました。

より重要なこととして、夜間休日、一部の部署では深夜に及んで会議を開き、方針決定している今のスタイルこそ改めるべきだと今は思います。全日本民医連全体でも考えてほしいことです。評議員会が開かれるのが土日に決まっているのは改めるべきではないでしょうか。

さて昨日は民主的な手続きを無視して国葬が強行されました。マスコミもほぼ公正な報道をしており、来月の臨時国会では真剣な追及がなされると思いますので、ここではこれ以上触れないことにします。

コロナについて9月は2つ大きな事件がありました。9月7日と26日の政府の決定です。
9.26日のしんぶん赤旗に全日本民医連 増田会長インタビューが掲載されていましたので資料としてお配りしています。
7日の決定は、療養期間の短縮です。明らかに感染力が残っている時期に療養期間を終わらせています。26日の決定は全数把握の中止です。64歳以下の人は感染や療養の社会的証明も医学的な保護もなく放り出された事になりました。
これらは医学とは無縁の「政治的な決定だ」と忽那賢志さんも有名なブログで述べています。このあたりのことはみんなでよく考えたいと思います。

そこで、今日の県連理事会のことです。年に10回くらいしかない県連理事会ですから、どの理事会も些末なことは抜きに、本当に私達の将来にとって大事なことだけ議論したいと思います。

私が考える大事なことは三つあります。
一つ目は青年が自分で未来の構想を描き実行できることです。
二つ目は女性職員が男性の意向に不当に従わされることなく正当に権力を持つことです。
三つ目は地域の自立した循環経済に大志を持って加わることです。

そこで会議の持ち方を考え抜いて、異例といえば異例ですが、日本共産党の高知県委員会から松本けんじさんという参議院候補者だった青年活動家にお話と交流をお願いすることにしました。日本共産党の宣伝というのでなく、人口減と高齢化に直面した地域、山口も高知も全国的にそれが飛び抜けて進んだところと思いますが、民医連も共産党も消滅の危機に瀕しているというのは同じなのですが、そこでなんとか未来を青年が切り開こうとしている運動の代表者が松本さんだと思うからです。

松本さんが注目されたのは何と言っても2019年7月の参議院選挙です。ここでは徳島高知を合わせた選挙区で、35歳の松本さんは市民と野党の無所属の統一候補として立候補し、当選した現職の25万3883票に対し、なんとあと一歩の20万1820票を獲得しました。これは全国的な注目の的になりました。
今年6月の参議院選挙では統一ができませんでしたが、それでも現職28万7609票に対し10万3217票を得ました。私が感銘を受けたのは、選挙演説の型にはまらない心溢れる内容です。
説明は短くした方はいいので、ここまでとしますが、民医連の青年が自力で未来を構想し実践していくにはどうしたらいいか、そして私達、年長のものはそれにどう向かい合えばいいのかじっくり語り合いたいと思います。
ではよろしくお願いします。

|

« 大学事情 | トップページ | 深夜の東空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大学事情 | トップページ | 深夜の東空 »