« 帽子 | トップページ | 2021年はロールズ「正義論」が出版されて記念すべき50周年 »

2022年5月23日 (月)

島田雅彦「パンとサーカス」講談社

282568859_5053065848109462_6053187642887
9784065268742_w 島田雅彦「パンとサーカス」講談社を読み終えた。
憲法9条を掲げて米中の覇権から自由になる中立・日本への熱望が伝わってくる冒険小説としてどなたにもお勧めである。
僕の中では池澤夏樹「マシアス・ギリの失脚」、井上ひさし「吉里吉里人」と同じくらいの作品だろうか。
いや、本の厚さが。及び作品の質が。

ともかく細々と感想を述べたくなる本だった。支配のない政体「イソノミア」を取り上げたことと柄谷行人の本との関係とか。登場人物の名前の由来とか。

|

« 帽子 | トップページ | 2021年はロールズ「正義論」が出版されて記念すべき50周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帽子 | トップページ | 2021年はロールズ「正義論」が出版されて記念すべき50周年 »