« 日本映画「空白」2021 | トップページ | 任期末の日々 »

2022年2月16日 (水)

アルトゥロ・マルケスは生きていた

この時刻になってようやく柔らかい正気が戻ってくる。夕方、専務理事からの報告を聞いたのが良くなかった。生涯、組織に関わらなかった加藤周一さんは正しかった気がする。人間の悪いところや敵意を増幅する組織というものが確かに存在する。母親が日本人であるアン・アキコ・マイヤーズでも聞いてから寝よう。いかん、気持ちがカーニヴァル的になってきた。最後のところで登場するが、「ダンソン#2」 が特に有名な作曲家アルトゥロ・マルケスはまだ生きているだけでなく、僕よりたった2歳年上だけなのだった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルトゥロ・マルケス

|

« 日本映画「空白」2021 | トップページ | 任期末の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本映画「空白」2021 | トップページ | 任期末の日々 »