« NHKクローズアップ現代:買春している成人男性こそ罰せられるべき | トップページ | 憲法9条を実現する道 =国連への贈与 »

2022年2月26日 (土)

2022.2・26 医療生協健文会理事会あいさつ 

                                                                                今日は少し暖かいようですが、東日本に豪雪をもたらしている寒波が繰り返し到来している冬の日々のなか真にご苦労さまです。

ご存知のように、224日早朝に、ロシアはミサイル、爆撃機、地上軍を用いてウクライナに総攻撃を開始しました。ウクライナは面積では60万平方キロ、日本の約1.5倍、人口は日本の1/34400万の国ですが、首都キエフにすでにロシア軍が入っているという状況のようです。キエフというとムソルグスキー作曲の組曲「展覧会の絵」のなかで「キエフの大きな門」というパートを思い出しますが、そのキエフです。

 

1965年から75年までのベトナム戦争以降、私達はいくつかの戦争を目にしてきました。1978年のソ連のアフガン侵攻、1990年の湾岸戦争、2003年のイラク戦争などの記憶がすぐに蘇りますが、今回の戦争はそのどれに比べても異質の恐ろしさを感じます。2003年のイラク戦争では、日本では作家の池澤夏樹さんをはじめ多くの人が「人間の盾」として開戦を防ごうとし、それが成功しなかったことは大きな失望でしたが、考えてみると今回のウクライナ戦争開戦ほどの虚無感や恐怖感には直面しませんでした。

 

振り返れば1991年のソ連崩壊後、先行して資本主義化していた中国と合わせて20億人近い東側の国が市場として開放され、「メガ・コンペティション 大競争時代」が始まり、新自由主義のグローバル化がすごい勢いで進行し、貧富の差もかってない水準に達しました。

その行き着く果てに、中国とロシアという新興の資本主義帝国主義大国が出現し、核爆弾使用をちらつかせて世界を脅迫しながらの今回の侵略行為です。

昨日25日の国連安保理事会はロシア非難決議が提案されながら、常任理事国のロシアの拒否権発動で採択はなりませんでした。

 

この事態を見ていて思い出されるのは、ドイツと日本という遅れてきた2つの新興資本主義帝国主義国が存在した1930年代です。1931年の柳条湖事件で満州侵略を開始した日本は1932年「満州国」をでっちあげ、1933年には国際連盟を脱退します。

同じ頃ドイツではヒトラーがヴェルサイユ条約(1919)の軍事制限条項を破棄し、ドイツの再軍備を密かに進めていました。

それから90年を経て、 まさに資本主義帝国主義国同士がむき出しの暴力で勢力圏争いを再開したというのが今、このときだと思います。凶暴な帝国主義国もあれば穏健を装う帝国主義国もあるというのは1930年代も同じです。

違うのは、世界が染まっている思想は新自由主義、武力の中心には核兵器があるということです。

話が変わるようですが、私はこの間民医連・医療生協運動の高齢化による停滞を観察しながら1960-70年代に民医連・医療生協が、なにもないようなところから今の職員8万、9万というところまで大発展したのはなぜだろうと考えてきました。まず思いついたのは反公害運動ですが、いまはそれだけが発展の理由ではなかったと思います。ベトナム反戦運動の影響も大きく、僕自身も民医連に近づいたのはむしろその経路でした。

反公害、反ベトナム戦争の2つこそが民医連・医療生協運動を成長させた背景だったのです。それに倣って言えば新自由主義のグローバル化の果てに出現した気候危機と、今の資本主義帝国主義戦争状態こそ、これからの民医連の進む方向と存在意義を示すものではないだろうか、と思います

この時刻、ちょうど全日本民医連では今後2年間の方針を討議する45回総会が開かれています。私としては「職員によるソーシャル・ワークと、共同組織つまり医療生協組合員の互助活動が一体となった『住民生活の徹底的支援』を土台にして、私達の医療・介護活動を全面的に組み立て直す」という意見を上げています。どういう形で採用されるかどうかはわかりませんが、気候危機と帝国主義戦争の時代への私達の陣形として間違いないと改めて確信している次第です。

それを申し上げて私の今月の挨拶といたします。(議長指名)

 

|

« NHKクローズアップ現代:買春している成人男性こそ罰せられるべき | トップページ | 憲法9条を実現する道 =国連への贈与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKクローズアップ現代:買春している成人男性こそ罰せられるべき | トップページ | 憲法9条を実現する道 =国連への贈与 »