« カフカ的ドラマ ネタバレにならないように | トップページ | 日々、地域の貧困が暴かれていくような外来カンファレンス »

2022年1月14日 (金)

火災と貧困の二都物語

112 Grenfell_tower_fire_wider_view 2017年イギリス最悪のビル火災の現場となったグレンフェル・タワーは王室特別区ケンジントン・アンド・チェルシー区というロンドン一富裕な地域の中にあって、築43年の低所得者向け高層住宅だった。
富裕区に似合わないということで2016年外壁補修が行われたが、その素材が易燃性の安物だったことが被害を大きくする原因となった。
一方、2022年1月9日のニューヨークで大規模火災が起こったビルも移民が多いブロンクス区にあり、アパートの住人の多くは、西アフリカのガンビアから移住して来たイスラム教徒だとされる。
 
しかし、写真のような火の中にいた人の恐怖はどんなものだったろう。

|

« カフカ的ドラマ ネタバレにならないように | トップページ | 日々、地域の貧困が暴かれていくような外来カンファレンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カフカ的ドラマ ネタバレにならないように | トップページ | 日々、地域の貧困が暴かれていくような外来カンファレンス »