« 『「一億総少数派」の時代』 | トップページ | 私の生協経営論 »

2021年10月30日 (土)

『「一億総少数派」の時代』

今日の朝日新聞の「耕論」では三牧聖子さんが言う98fcbef5ef124b4d9f005b126dd654be が興味深かった。

誰もが恨みを抱き少数派を任じて腹いせを合理化する時代。

モテない男として少数派だから、権力側にいて幸福そうに見える女性を殺すのは当然だ、というような。

僕が考えるに、これはつまり、人を液状化させ孤立させて支配する現代資本主義が必然的にもたらした状態である。気がつけば労働組合その他の中間組織が消えているのもそのせいだし、男女同権運動が奇妙な論理で骨抜きにされているのも同様だ。

その最大の被害者がミレニアル世代(1980-95生まれ)、Z世代(1996- )にほかならない。彼らは知らないうちに「バトル・ロワイヤル」や「イカゲーム」に放り込まれて、運が悪ければ刑務所行きか路上で暮らすことを運命づけられている。

三牧さんは、そういう時代だからこそ人権・正義・公正という規範を現実的に機能させることが大切だという。

これらこそが現代資本主義を糾弾する最強の言葉である。

民医連でも、この時代なぜ「倫理」という言葉がこんなに重いのだろう、という感想を根岸先生が呟いていたが、
それは偶然のことではなく、

まさにいまが「倫理」と「協同」がキーワードの社会になっているからである。

|

« 『「一億総少数派」の時代』 | トップページ | 私の生協経営論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『「一億総少数派」の時代』 | トップページ | 私の生協経営論 »