« 自衛隊に感謝」の号令を鳴らしながら | トップページ | 支配からケアへの歴史的転換 »

2021年5月 4日 (火)

支配からケアへの歴史的転換

資本が利潤を追い求めてやまないのはなぜかと考えたとき、蒐集への固執と答える人もいるが、僕は究極的には人が人を支配したい欲望だと思う。

他人を支配したい気持ちも、自然を支配したい気持ちも同じだろう。

フランシスコのローマ教会が、人間は大地を支配するものでなくケアするものだと聖書解釈を変えたことに倣えば、人間の目的も他者の支配ではなく他者のケアになっておかしくない。

そのように、みずからを強制する目的を変更する時代が今来ているというのは別に奇妙なことではない。

他者を支配することなど想像もできない時代が続いたある日、支配を目的に生きようとと思った者が人類史のどこかで誕生したわけなので、皆がその目的を一斉に変える日が来るのは不思議でも何でもない。

|

« 自衛隊に感謝」の号令を鳴らしながら | トップページ | 支配からケアへの歴史的転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自衛隊に感謝」の号令を鳴らしながら | トップページ | 支配からケアへの歴史的転換 »