« 変革の主体 | トップページ | 医療生協機関紙のエッセイ2020.2原稿 »

2020年1月24日 (金)

2020/1/25  医療生協理事会挨拶 

     
改めましてあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。現理事会の任期もあと約半年になりましたので、しっかりと理事会としての実りを示すための半年にして参りたいと思います。
年の初めなので、今の医療介護情勢の特徴的なことに簡単に触れておきたいと思います。
医療と介護を合わせて「地域包括ケア」というものを作り出そうというのが国の長期方針ですが、それは一般に下の「植木鉢モデル」で示されています。
医療・介護を受ける本人と家族の自己責任を出発にしている点に批判が集まっているものです。
しかし、これは「地域包括ケア」のごく一面にすぎません。
全体像は4統合とよばれるもっと大規模な構想です。
それを私が個人的に作成した図が資料1です。
 
大学病院から町の開業医まで、医療機関のヒエラルヒーを作るものが垂直統合です。昨年秋から、公立病院、公的病院の再編統合を目指す動きが急になり、これは民間病院を巻き込んで、急速な動きを見せています(資料2)。
山口県でもすでに萩市民病院と民間の都志見病院の統合が発表されています。さらに、旧豊北町唯一の病院だった豊北病院の自壊というべき崩壊が報道されています(資料3)。
宇部協立病院も、この渦の中に巻き込まれていくことは間違いありません。
 
言ってみれば、鳴門の大渦の中を伝馬船で渡っていくようなものですので、理事会の舵取りの責任は極めて大きくなると思います。
 
住民生活の平面で起こることは水平統合とされています。しかし、これは平和な「ケア会議の開催、医療と福祉の連携」などという言葉で表されるようなものでないことがだんだんと見えてきました。大きな流れは介護保険の縮小です。そこで何が起きているか。その資料が資料4です。
 
2019年の参議院選挙で、大阪の博心会という医療法人の職員名簿600人分が職員に無断で持ち出され公明党に渡され、公明党の議員秘書や支援者が職員の自宅を訪れ始めるという事件があり、職員が抗議をすると、介護制度を良くするためにやったことだと居直り、それでは職員が納得しないと見るや一人1万円で手が打てないかと言い出したので裁判になったという話です。
 
この事件をよく見る博心会は2018年という最近、ヒューマンサポートという株式会社に買収されて、事件はこのヒューマンサポート側の主導で起こったことがわかります。この会社は介護事業所を次々と買収して拡大している会社で、おそらく公明党と深いパイプがある。顧問には警視庁の高官が天下りしています。
ヒューマンサポートの他の事業所で同様の無断個人情報提供が行われていないか心配になりますが、それよりむしろ、この会社の社長が「全国介護事業者政治連盟」の代表になっているということです。政権党と大手介護事業が癒着して、介護保険の縮小、保険外部分のサービス拡大で利益を上げているという想像は容易にできることです。
 
水平統合の中枢が政権党と癒着した大手事業所で独占されつつあるというのは、別の法人の急成長例でもわかります。(資料5)
 
垂直統合部分でも水平統合部分でもこのように大きな変化が起きていますが、その駆動力は規範統合、つまり「個人生活の自己責任原理」です。
 
第4の統合、経営統合はまだ見えにくい部分が多いので今日は省略します。
 
私達は、この個人生活の自己責任原理を生存権、健康権という基本的人権に置き換えていくという闘いを続けながら、病棟の再編削減、介護保険の縮小という大状況と渡り合っていかなければならないというのが2020年の大きな情勢だと思います。
 
その情勢打開のために今私が民医連で作っているパンフレットの、いちばん重要な第6章の原稿を添付させていただきますので参考にしていただければ幸いです(資料6)。
私どものような非営利・共同の事業体とコミュニティが力を合わせれば、世界を変えていけるんだという壮大な内容なっていますが、ぜひ真剣に受け取って考えていただきたいと思います。
以上でご挨拶を終わって、今回の議長を指名いたします

|

« 変革の主体 | トップページ | 医療生協機関紙のエッセイ2020.2原稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変革の主体 | トップページ | 医療生協機関紙のエッセイ2020.2原稿 »