« 変わらぬ枠組みの中で習慣的あるいは自動機械的に行われる再生産 | トップページ | 見えない余呉湖と驚く鳩原ループー北陸本線 »

2020年1月15日 (水)

なかなかの因縁話


ロールズ「正義論」(紀伊国屋書店)の研究者・訳者 川本隆史さん(広島市己斐出身、東大、国際基督教大)から、あるクリスチャンの女性教師の足跡を訪ねて、僕の母の生まれ故郷である広島県大崎下島の大長(今は呉市になっている)という集落を訪ねるので、その地に住む親戚を紹介してほしいという電話があったのは昨年の夏だった。近くの因島というところで高校の校長をしている従弟に連絡を取った。

 

その調査に関わる記事の乗っている雑誌「みすず」を川本さんが送ってくださったが、なかなかの因縁話になっているので、ご本人には失礼だが、勝手な要約をー

 

「【『みすず』2020 年 1・2 月合併号「二〇一九年読書アンケート」】 川本隆史(社会倫理学)から


1 奥田貞子『空が、赤く、焼けて――原爆で死にゆく子たちとの8日間』(小学館、二〇 一五年)。

 

広島への原爆投下の翌日、瀬戸内海の島から 60 キロ離れた広島市に渡って兄の子どもを 探した奥田貞子先生(当時 31 歳)の日記をもとに、被爆地での出会いと永訣を物語と詩で綴った佳 品。彼女が戦後長く奉職した基督教独立学園高校(全寮制/山形県西置賜郡小国町)の保 護者の尽力で出版された冊子『ほのぐらい灯心を消すことなく』(一九七九年)を、増補・ 改題のうえ復刊したもの。

筆者は二〇一九年七月末には先生の生地(広島県の大崎下島大長)を訪ねた。


 

2 加藤典洋『大きな字で書くこと』(岩波書店、二〇一九年)。

遺文集。

「父 そ の1」と題されたエッセイに、山形県の巡査だった父親が小国の警察署に「特高主任とし て赴任」し、当地に基督教独立学園を開いた鈴木弼美(すずき・すけよし/1899~1990) の反国家的言動の内偵を続けていたとの記述。一九四四年五 月二二日、鈴木氏を治安維持法違反容疑で検挙した父親は、半世紀以上も過 ぎて「逮捕したのは私」と告白した。 」

|

« 変わらぬ枠組みの中で習慣的あるいは自動機械的に行われる再生産 | トップページ | 見えない余呉湖と驚く鳩原ループー北陸本線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わらぬ枠組みの中で習慣的あるいは自動機械的に行われる再生産 | トップページ | 見えない余呉湖と驚く鳩原ループー北陸本線 »