« 医学生実習とSDH | トップページ | 被災者にしてしまう仕組み »

2016年4月19日 (火)

福祉国家構想研究会

4/16の福祉国家構想研究会 公開研究会(東京)で聞いた話で 印象に残っていること。

ごくごくあらすじだけ。

二宮さん:「今は楕円形の総がかり。楕円形と言うのは中心点が二つあるからだ。戦争法反対と新自由主義反対の」

岡田さん:「大災害時代とグローバル化が重なっているのが今日だ。(この認識はナオミ・クラインと同じ・・・野田)

地域経済が本当に大事。

TPP見込みのタフツ大学推計ではアメリカでさえGDP減少、失業率増加、多国籍企業の利益のみ増える。スティグリッツがTPPに反対している根拠はこれ。 ところで今回の地震は慶長の大地震に似ている」

後藤さん:「(二宮さんは中心点が二つあるというが)若者のリツィートの数では、運動系より経済・生活系が一桁上回る。関心がどこに向いているかわかる」

渡辺さん:「安倍政治も戦争推進と新自由主義経済の二つの中心点を持っている。戦争は失速しても経済で何とか片肺飛行。経済でも失速させることが必要。

北海道5区の参議院補欠選挙は経済要求が前面に出て押しているのが重要だ」

|

« 医学生実習とSDH | トップページ | 被災者にしてしまう仕組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福祉国家構想研究会:

« 医学生実習とSDH | トップページ | 被災者にしてしまう仕組み »