« 鎌倉 極楽寺 | トップページ | 医学生実習とSDH »

2016年4月16日 (土)

4月14日〜16日

14日朝から16日夕方までの東京出張は緊張感に包まれた長いものになった。

15日朝、14日夜の大きな前震のことを気にかけながら鎌倉に行ったことがもう随分前のことに思える。特に成算もなく8年も続けた担当分野を変わったのも少し気を重くさせていたが、今考えるとあまりに小さいことだった。

15日朝は未明から準備されていた臨時会議があり、支援の先陣はすぐに九州に向かった。僕は予定通り新福祉国家研究会の公開研究会に出て帰ることにした。

阪神淡路、東日本、熊本と短い間隔で立て続けに大きな地震が来るのはやはり日本が大災害期に入っていることの表れだろう。

ナウマンの中央構造線に沿って震源が動いているとすると、慶長の大地震を思い出す人がいるのも当然である。それは愛媛、大分、京都と短期間のうちに大地震が連続的に襲い、秀吉の伏見城が壊れたのである。

僕たちが迅速な手練れた支援を組織するのは当然として、同時に、災害に強い平等な社会目指して教訓が蓄積され政治や社会が変わってきたのかを検証する姿勢が、3回目の今回となれば求められる。

被害の大きさはやはり社会勾配によるだろう、そして、そのことをしっかり見抜いた支援こそ効果を挙げるだろう。

人も少ない羽田のバスラウンジに座っていると早く日が暮れてきた。天気が悪くなっているのは体感する。

|

« 鎌倉 極楽寺 | トップページ | 医学生実習とSDH »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月14日〜16日:

« 鎌倉 極楽寺 | トップページ | 医学生実習とSDH »