« マーモットさんの強運 | トップページ | 暴力老人 »

2016年3月17日 (木)

サミズダート

マーモットさんがカリフォルニア大学バークレー校にいたのは1970年代前半で、1968年の学生反乱 student rebellionが終わったばかりの自由な気風に満ちていたらしい。どんな風変わりawkwardな 質問も許容されていたのである。

それでも、アメリカ全体では平等幻想が行き渡っていて、アメリカ社会には人種差別以外の差別は存在しないというのが公式見解になっていた。階級、社会階層により健康の格差が生まれているというバークレー校の公衆衛生学の研究成果は地下文書として手渡しで読まれていた。

そういう文書を旧ソ連にならって、サミズダートSamizdart文献というのであるらしい。

そこで、マーモットさんを救い出したのは、ロンドンにいた長老教会派の厳格な教授である。

僕の夢・・・僕が書いたもの民医連のSamizdatになっていること。

|

« マーモットさんの強運 | トップページ | 暴力老人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サミズダート:

« マーモットさんの強運 | トップページ | 暴力老人 »