« 2016.2.27 医療生協理事会挨拶   | トップページ | 医師と患者のサブカルチャー »

2016年2月27日 (土)

患者の解釈モデル

患者の解釈モデルを明らかにする質問法 としてFIFEや「かきかえ」が有名だ。

feeling,idea,function,expectation
あるいは
解釈、期待、感情、影響
である。

それぞれに質問の仕方が定式化されている。

しかし記憶力の低下した僕は、FIFEや「かきかえ」という言葉は覚えていても中身を忘れることが多い。なので、学生や職員へのとっさのミニ講義で立ち往生する。

だが、これら直接的質問法はあまり役に立たないとマクウィニーさんは言っている。

もっと間接的な非言語的でもありうる、患者の意味の表出を注意深い傾聴と敏感さで捉えなくてはならないということである。

あっ、それなら自信があるな。何しろ詩人出身なので。

|

« 2016.2.27 医療生協理事会挨拶   | トップページ | 医師と患者のサブカルチャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者の解釈モデル:

« 2016.2.27 医療生協理事会挨拶   | トップページ | 医師と患者のサブカルチャー »