« 医療生協組合員活動の二つの層 | トップページ | ドラマ「わたしを離さないで」と現実の交差 憲法13条をめぐって »

2016年2月19日 (金)

生活モデルは歴史による強制だ

生活モデルに立脚した医療は、医療者が発見し患者に施すものではない。

厳密にいえばおそらく共同の営みの成果でもない。

住民・患者の自覚によって求められ強制されるものだ。

そのようにする以外にそれが実現される道はないのだろう。

|

« 医療生協組合員活動の二つの層 | トップページ | ドラマ「わたしを離さないで」と現実の交差 憲法13条をめぐって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活モデルは歴史による強制だ:

« 医療生協組合員活動の二つの層 | トップページ | ドラマ「わたしを離さないで」と現実の交差 憲法13条をめぐって »