« マーサ・ヌスバウム「女性と人間開発  潜在能力アプローチ」(池本幸生他 訳)岩波書店2005 を読む | トップページ | 家庭医療学+社会疫学=民医連 »

2016年2月11日 (木)

雑誌「世界」2016年3月号

【私が関心を持ってきたのは「小さな人」。苦しみが小さな人を「小さな『大きい人』」に変える過程。それに触れる中で見えてくる大きな物語。】 (野田改変) 雑誌「世界」2016年3月号、スヴェトラーナ・アレクシェーヴィチ「負け戦」 (2015年ノーベル文学賞 受賞記念講演) 民医連医療人としての僕と、チェルノブイリ・ソ連崩壊をくぐり抜けてきたノンフィクションジャーナリストの彼女の偶然の交差。微かに励まされる。

|

« マーサ・ヌスバウム「女性と人間開発  潜在能力アプローチ」(池本幸生他 訳)岩波書店2005 を読む | トップページ | 家庭医療学+社会疫学=民医連 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌「世界」2016年3月号:

« マーサ・ヌスバウム「女性と人間開発  潜在能力アプローチ」(池本幸生他 訳)岩波書店2005 を読む | トップページ | 家庭医療学+社会疫学=民医連 »