« 健康戦略の簡単な歴史 | トップページ | 「民医連の医療理念と地域包括ケア」素描 »

2015年12月 5日 (土)

雑種としての民医連医療

加藤周一に倣っていえば、やはり、純粋の民医連医療などというものはない。

民医連医療は雑種である。

そこでは「 合流」という概念が重要になる。

無産者診療所の精神と日本国憲法の合流 ー 生存権の発見

国連 人権宣言 との合流 ー 健康権

国連の健康戦略との合流 ー 貧困・格差との世界的な闘いとその武器としてのSDHの発見

プライマリ・ケアとの合流 ー 医療の総合性の発見

障害者福祉運動との合流 ー 地域包括ケアの発見

|

« 健康戦略の簡単な歴史 | トップページ | 「民医連の医療理念と地域包括ケア」素描 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑種としての民医連医療:

« 健康戦略の簡単な歴史 | トップページ | 「民医連の医療理念と地域包括ケア」素描 »