« RHYMESTER | トップページ | 地域包括ケアと小病院 »

2015年11月30日 (月)

「どうせ彼らもシオニストに過ぎない」

半年前くらいのことだが、パレスチナの子どもの支援に当たっている若い女性との短いやり取りが記憶に残っている。

イスラエルにも左派政党があるけれど、彼らとの共闘はないのか?と聞いた僕に

彼女は簡単に「どうせ彼らもシオニストに過ぎない」と応えたのだ。

だが、Chava Albersteinもそうだというのだろうか。

Wikipediaからの引用だが

Political views

Alberstein is a champion of liberal causes. Throughout her career she has been an activist for human rights and Arab-Israeli unity. In 1989, Alberstein's song Had Gadya in which she criticizes Israel's policy towards Palestinians, was banned by Israel State Radio.The song was later used in the film Free Zone by director Amos Gitai in Natalie Portman's 7-minute crying scene.

Quotes
"Even though I have lived in Israel nearly my entire life, I am constantly questioning my place in the world. Maybe this searching comes from being an artist, maybe it comes from being a Jew. I'm not really sure."

なによりもその歌が全てを証明している気がするのだが。

https://www.youtube.com/watch?v=GLnxE9JVaJU

Mayn shvester Khaye mit di oygn grine, A daytsh hot in treblinke zi farbrent Un ikh bin in der yidishe medine Der same letster, vos hot zi gekent. Far ir shrayb ikh oyf yidish mayne lider . . . (My sister Khaye with her eyes of green Was burnt by a German in Treblinka. And I am in the Jewish state, The very last one who knew her. It’s for her that I write my poems in Yiddish . . .)

|

« RHYMESTER | トップページ | 地域包括ケアと小病院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どうせ彼らもシオニストに過ぎない」:

« RHYMESTER | トップページ | 地域包括ケアと小病院 »