« 変なコール | トップページ | 民医連の医学生対策について »

2015年9月17日 (木)

医師の能力発揮成功の事前確率

藤沼康樹先生も書いていたが、外来に持ち込まれる問題の5割が医学モデルで解決可能と推定して外来に臨むことは極めて重要である。

たとえれば医師の能力発揮成功の事前確率にあたる。
これを知っていると知っていないでは医師の役立ち方が大違いになる。

ただこの5割は相当に優秀な医師の成績だと思う。
したがって医師はその5割に到達するよう生涯を必死に学ぶと同時に、いくらがんばっても平均5割しか解決できないことを直視する複眼を必要とするのである。

医師としての能力発揮成功事前確率を5割として、実地の介入成績から事後確率を求め、それに応じて不足する資源を周囲から求めるのも医師の重要な仕事である。

|

« 変なコール | トップページ | 民医連の医学生対策について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師の能力発揮成功の事前確率:

« 変なコール | トップページ | 民医連の医学生対策について »