« 今日の一句「果てしない残業は演歌を聞きながら」 | トップページ | 横断歩道が渡れない »

2015年9月 4日 (金)

「頭で考えているだけで現場を理解していないものである」なんて

法人内に広く配布される会議報告集の中の在宅介護事業部の報告文書に次のような無記名の一文を発見。

「8月にN副会長の出した文章は全日本民医連の正式文書ではない。
頭で考えているだけで現場を理解していないものである」

文脈から言うと全国の会議の出張の報告で、「文章」というのはおそらく地域包括ケア討論交流集会の「問題提起」の一部のことで、その交流集会で他の参加者か司会かに教えられたことの報告なのだが、Nって僕以外にいないのにわざわざイニシャルにしているのが何より変。だいたい僕は法人では副会長ではなく、理事長だから。

また、問題提起は確かに「方針」ではないが、僕の個人文書でもなく、議論の叩き台としては正式文書だし、それをかってに頭の中だけで考えているものと決めつけるのも失礼じゃないかな、と思う。

法人の内科では最も多数の入院患者も担当して十分に最前線にいるのだが、それも知らず、毎日本だけ読んで暮らしている存在と想像しているのかもしれない。

・・・深夜に至ってこれを考えていると眠れなくなりそうだな。

|

« 今日の一句「果てしない残業は演歌を聞きながら」 | トップページ | 横断歩道が渡れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「頭で考えているだけで現場を理解していないものである」なんて:

« 今日の一句「果てしない残業は演歌を聞きながら」 | トップページ | 横断歩道が渡れない »