« 民医連の医学生対策について | トップページ | 伯母の葬儀と映画「お見送りの作法」 »

2015年9月19日 (土)

朝日健二さん訪問

昨夜は、北多摩クリニックの保坂幸男先生の取り計らいで、清瀬市に朝日健二さんを訪ねた。

朝日健二さんは朝日茂さんの養子となってその人間裁判を引き継いだ人で、旧姓は小林、山口県出身の人である。縁者に僕の知人もいる。

それだけでなく、僕と僕が初代所長をしていた診療所の恩人でもある。

30歳になるかならないかで診療所の医療活動も経営もままならぬ思いをしていた僕を朝日さんが訪ねてきて、診療所からは少し遠い所に住むお母さんの訪問診療を依頼されたのである。
訪問診療という制度が始まったばかりのときだったが、それを教えてもらったおかげで、どこにそういう要求が具体的に多数あるのかに気付いて、診療所の有様もすっかり変わり経営的にも安定したのである。

清瀬の診療所においても、朝日さんが自身が自らを対象にして在宅のターミナル・緩和ケアをしないかという提案をして初めて、常勤所長のいない診療所が変わりつつあるということだった。

朝日さんは少し話しにくそうだったが、診療所の師長さんが適切に含ませてくれる水に助けられて、地域包括ケアや介護保険が憲法25条に沿って大きく発展しなければならないとしっかり語った。

|

« 民医連の医学生対策について | トップページ | 伯母の葬儀と映画「お見送りの作法」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日健二さん訪問:

« 民医連の医学生対策について | トップページ | 伯母の葬儀と映画「お見送りの作法」 »