« 谷川道子訳 ブレヒト「アンティゴネ」光文社古典新訳文庫2015/8 | トップページ | 石田雄治「ヒトラーとナチ・ドイツ」講談社現代新書2015/6 »

2015年9月10日 (木)

自衛隊の予備校ができる話から思い出したこと

高知の私立高校に自衛隊に入隊することを前提にした自衛隊コースができたなどという話を聞くと、戦前には各地にこうした私立学校があったことをふと思い出した。

ウィキペディアによると、 海軍兵学校の予備校としては東京の海城中や神奈川の湘南中、横須賀中、逗子開成中、兵庫の鳳鳴義塾、広島の修道中、山口の鴻城中、高知の海南学校、佐賀の三養基中などが挙げられている。

僕の母校が入っているのもこの話に注目する理由である。

陸軍士官学校の予備校としては成城中学校が有名なはずだ。

これらの愚かな学校がきちんと反省したり謝罪して昔を思い出さないことを期待したいが、白井さんが言うように日本が敗戦をきちんと処理していないという現状から考えると、それも危ない。

|

« 谷川道子訳 ブレヒト「アンティゴネ」光文社古典新訳文庫2015/8 | トップページ | 石田雄治「ヒトラーとナチ・ドイツ」講談社現代新書2015/6 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の予備校ができる話から思い出したこと:

« 谷川道子訳 ブレヒト「アンティゴネ」光文社古典新訳文庫2015/8 | トップページ | 石田雄治「ヒトラーとナチ・ドイツ」講談社現代新書2015/6 »