« 雑誌「社会保険旬報」8月1日号 | トップページ | 今日の挨拶 »

2015年8月22日 (土)

昨日は、某共闘組織の上意下達ぶりと、そこにいる医療生協役員の、まったく別組織の代表としてそこにいる民医連職員への尊大横柄な振る舞いについてAさんに相談してみた。

Aさんは、僕が最も信頼する元民医連職員である。

長く医学生対策係をしていたが、山口大学から30人は医師を全日本民医連に導いただろうか。前理事長と僕と僕の同級生である副院長を除けば、山口民医連の主だった医師は全て彼が育てたのである。

関東ブロックに山口くんだりから講演に要請されたこともあるから、民医連を代表する名医学対だったといって差し支えないだろうし、事実上山口民医連を作ったのは彼だったといって良い。

率直に言えば、前理事長と元専務の横暴に耐えかねて辞職し・・・僕も一緒に辞めてあげればよかったのだが・・・退職金を元手に古書店を開いた。

さて、Aさんがこの問題にどう答えたかはここに書けないのは当然である。

その代わり、彼が教えてくれた彼のブログを紹介しておこう。
http://higurashi-essay.com

彼の才能はここで発揮されていたのだ。知らなかった。

|

« 雑誌「社会保険旬報」8月1日号 | トップページ | 今日の挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 雑誌「社会保険旬報」8月1日号 | トップページ | 今日の挨拶 »