« 《家庭医療クリニック ー プライマリ・ケア科病院》- 急性期大病院 | トップページ | ガバナンス、ステークホルダー、それは新自由主義のサイン »

2015年7月 2日 (木)

人間は身体と心と歯と髪でできている

病むときも健やかなときも、死が双方を分かつまで住民と不断の一生のお付き合いを決意しているのが総合診療科なら、歯科と精神科は親和性・相補性が高いといえるだろう。

本来、生活の援助の部分が大きいからである。

異論を承知で言えば、人間は身体と心と歯と髪でできている。最後のものは早期に失われやすいー一部の人にとっては。

それに比べると、整形外科は超高齢社会という状況依存的な場でのいっときの仲間かもしれない。

|

« 《家庭医療クリニック ー プライマリ・ケア科病院》- 急性期大病院 | トップページ | ガバナンス、ステークホルダー、それは新自由主義のサイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間は身体と心と歯と髪でできている:

« 《家庭医療クリニック ー プライマリ・ケア科病院》- 急性期大病院 | トップページ | ガバナンス、ステークホルダー、それは新自由主義のサイン »