« 千歳と那覇 | トップページ | 宇部市について »

2015年6月 9日 (火)

狂言としての新・日中戦争

沖縄という中国から攻撃されやすいところに米軍、特になぐりこみ部隊である海兵隊を置いておけば、日本としては人質をとったようなもので、来るべき日本と中国の戦争に米軍を必ず味方として巻き込むことができるので安心だなどということを考えているとすれば、本当に極悪人としか言いようがない。

もちろんこの戦争は、日中米のグローバル資本が過剰生産を解決して利潤を上げるために行う共謀に近いが、それでも軍事的に勝ったほうが利益が大きい。

|

« 千歳と那覇 | トップページ | 宇部市について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狂言としての新・日中戦争:

« 千歳と那覇 | トップページ | 宇部市について »