« 東京大学出版会「社会と健康」2015/4 | トップページ | 本土人の沖縄独立論をどう考えるか »

2015年5月21日 (木)

多職種協働に名を借りての介護事業拡大

多職種協働に名を借りて医療は他法人との連携で何とかできるからといい、自法人の医療の現状を無視して拡大する介護事業は、結局他法人の守旧的な医療を変えられずに、一人よがりの介護か営利的な介護事業になっていき、患者・利用者の不幸をもたらすだけだろう。

そういう事業計画は、いってみれば医療倫理の4分割表の医学的適応の象限を抜かして議論する(失敗が運命付けられた)カンファレンスのようなものである。

・・・ここで気づいたこと
逆に言えば、そこでの意思決定プロセスが医療・介護倫理に照らして妥当であるかどうかが、医療ー介護事業の質の最大の決定要因だということである。

「地域包括ケアの論理」というものがあるとすれば、それは医療・介護倫理を中核にするものになるだろう。

|

« 東京大学出版会「社会と健康」2015/4 | トップページ | 本土人の沖縄独立論をどう考えるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多職種協働に名を借りての介護事業拡大:

« 東京大学出版会「社会と健康」2015/4 | トップページ | 本土人の沖縄独立論をどう考えるか »