« デヴィッド・ハーヴェイ的 史的唯物論 | トップページ | カフカの日記から »

2015年1月21日 (水)

エストニアのマリ・カルクン

当たり前だが、どんな小さな国にも美しい歌はある。

今日知ったのは エストニアのマリ・カルクンという歌手。

http://morerecords.jp/?pid=39675622

何語かわからないが静かな雰囲気。世界の中枢ではなく、周辺・辺境にしか興味のない僕をよく知っている息子からのプレゼント。

|

« デヴィッド・ハーヴェイ的 史的唯物論 | トップページ | カフカの日記から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エストニアのマリ・カルクン:

« デヴィッド・ハーヴェイ的 史的唯物論 | トップページ | カフカの日記から »