« その夜の出来事 | トップページ | 「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。 »

2014年12月15日 (月)

年末の決意

来年すぐに63歳になる。幸運ならもう7年は現役の医者でいるだろう。

だが、来年は戦後70年だ。 もう30年は無事に生きていくよう計画を立てよう。

毎夜の酒なども減らして。

2045年になったら 最初の7年はいなかったけど(どこかにはいたのだけど)

ともあれ100年は憲法を守りきった、戦争させなかった と威張って言える。

|

« その夜の出来事 | トップページ | 「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の場合、来年早々に64歳になりますが、高血圧と不眠症はひどくなっています。毎日のデスクワークはきついですね。もう東京から離れて単身赴任が10年。次の恐慌がどのような形で起こるのか?ロシアからか中国からか?世界経済の不均等発展は、新興国から発生すると考えています。2009年はアメリカ、次はEUでしたから、あと延ばしできました。新興国ではできません。野田先生も私も、「帝国主義論」から100年、資本主義の「最高の発展段階」に参加することになりそうです。最近、戦う力は健康からだと思いますが、どうもパソコンと本の世界で、外に出ません。何とかしたいと考えています。高井拝

投稿: | 2014年12月20日 (土) 03時13分

高井さん、コメントありがとうございました。
慣れないお仕事のようで大変ですね。ご自愛下さい。

ちょうど「前衛」1月号の不破さんの恐慌論と、デヴィッド・ハーヴェイ「資本主義の謎」の恐慌論を読み比べているところです。

投稿: | 2014年12月22日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末の決意:

« その夜の出来事 | トップページ | 「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。 »