« 年末の決意 | トップページ | 藤井博之他「保健医療福祉 くせものキーワード事典」医学書院2008:「訪問リハビリテーション」 »

2014年12月15日 (月)

「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。

「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。

そうしてしまうと「選挙で選ばれたから、憲法解釈の権限はボクにある」と言った安倍と同じになってしまう。

「日本の未来」やなにからなにまでを託したわけではない。

議員の仕事は法律に定めてある権限の範囲内のものである。 議会外の運動にとって、議員は議会を動かす伝導ベルトに過ぎない。

憲法改定の発議も出来る偽りの国会構成をどう国会外の国民の運動が揺さぶっていけるか、いよいよ面白くなってきた。

共産党の議案提出権と、沖縄の小選挙区4議席はそのときの大きなツールだ。

|

« 年末の決意 | トップページ | 藤井博之他「保健医療福祉 くせものキーワード事典」医学書院2008:「訪問リハビリテーション」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国民の付託」に神秘性を与えてはいけない。:

« 年末の決意 | トップページ | 藤井博之他「保健医療福祉 くせものキーワード事典」医学書院2008:「訪問リハビリテーション」 »