« 渡辺 治、後藤道夫ほか「〈大国〉への執念」大月書店2014/10を読みながら | トップページ | 「いつか読書する日」 »

2014年10月20日 (月)

韓国の徴兵制について

今月号のビッグイシュー
https://www.facebook.com/bigissue.jp/photos/pb.342306182459178.-2207520000.1413782098./811746355515156/?type=1&theater

には、韓国の徴兵制度に関する興味深い記事が載っている。

韓国は宗教上の理由などでの「良心的徴兵拒否」を認めない数少ない国で、徴兵拒否の入獄の9割は韓国で占める。記事はフランスへの片道切符を持って徴兵拒否の亡命をようやく果たした青年を取り上げている。

兵役が青年男性の通過儀礼とされ、兵役に行かないことは社会的死を意味し、軍隊内でのいじめも激しく、自殺者が相次いでいる。

韓国軍はベトナム、イラクと、米軍とともに海外で戦ってきたが、そのような軍隊が存在することが社会にどういう影響を与えるかは、日本にいる立場からもよく学んでおく必要のあることだ。

|

« 渡辺 治、後藤道夫ほか「〈大国〉への執念」大月書店2014/10を読みながら | トップページ | 「いつか読書する日」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の徴兵制について:

« 渡辺 治、後藤道夫ほか「〈大国〉への執念」大月書店2014/10を読みながら | トップページ | 「いつか読書する日」 »