« 退院後も毎日病院にきて看護師にまとわりつく患者 | トップページ | NHK「老人漂流社会」の感想 余聞 »

2014年9月29日 (月)

生活保護利用を否定する「老人施設漂流社会」NHK2014/9/28

「老人漂流社会」の主張は途中ではっきり見 えた。
「生活保護を受給すればこの老人の困難は解決するが、全ての人に生活保護を適用するわけに行きません」
キャスターのこの言葉に全て現れている。
今の10倍、生活保護適用を増やしてもやっと国際標準レベルだし、生活保護と年金の併給も普通のことだ。
結局、高齢者の味方するようでいて、自己責任を強要し、「あなたはこうならないようになさい」とお説教をしたいのだ。
最後に取り上げられた老人のケースだって、外出支援ボランティアくらい簡単に用意できるはずだ。
あまりの出来の悪さに、むしろ涙が出るほどだ。
首都圏青年ユニオンの活躍を伝えた先週の「ガイアの夜明け」と比べても違いすぎる。NHKはやはりどうかしている。

|

« 退院後も毎日病院にきて看護師にまとわりつく患者 | トップページ | NHK「老人漂流社会」の感想 余聞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護利用を否定する「老人施設漂流社会」NHK2014/9/28:

« 退院後も毎日病院にきて看護師にまとわりつく患者 | トップページ | NHK「老人漂流社会」の感想 余聞 »