« 2014.8.29 理事会挨拶  | トップページ | 100万都市の力 »

2014年8月29日 (金)

新自由主義的人間観に対抗するもの

PCM「患者中心の医療」と、ユマニチュードと、エヴァ・フェダー・キティの「ケアの倫理」と、平野啓一郎「分人論」は人間は本質的に他者に依存し、他者との関係の中で生きているという認識で一致しているので、それを階層ごとに位置付けた体系化が可能だろうと予感する。

それは、社会や家族などは幻想で、存在するのは個人だけだ(サッチャー)という新自由主義的人間観とは相容れないものである。

|

« 2014.8.29 理事会挨拶  | トップページ | 100万都市の力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新自由主義的人間観に対抗するもの:

« 2014.8.29 理事会挨拶  | トップページ | 100万都市の力 »