« 2014年7月1日の意味 | トップページ | 民医連による「地域包括的ケア」の定義について »

2014年7月 4日 (金)

僕の魂

僕の魂といって、僕が想像するものは、頭頚部癌の皮膚に露出したものである。

いわゆる、ハナサキガンのようなもの。

絶えず崩れて、出血して、何か紙オムツのようなもので常に覆っておかなければならないもの。

それを手で支えながら人混みの中を歩いて行くしかない。

それが僕の魂である。

|

« 2014年7月1日の意味 | トップページ | 民医連による「地域包括的ケア」の定義について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕の魂:

« 2014年7月1日の意味 | トップページ | 民医連による「地域包括的ケア」の定義について »