« NHK広島 「被爆70年」 | トップページ | 地域包括ケアについて私なりの物語 »

2014年5月25日 (日)

国号変更の提案 「1947年憲法共和国」

今、読んでいる本によると、1950年ごろの占領軍は「日本は南北に長い、東日本と西日本と分けるのでなく、北日本と南日本と呼べば良い」と指導していたそうである。
これは定着しなかった。
定着するためには北日本=日本人民民主主義共和国、南日本=大日本民国くらいの分裂国家になって内戦でもしないとだめだったのだろう。そうならなかったのは偶然による幸いだったとしか言えない。その代わりを朝鮮半島が務めさせられたわけである。
それとは別に、本州島の真ん中のそう広くない範囲を東日本、西日本と分けて固執するのは、どれだけ日本という古い国号に僕らがとらわれているかということである。
そんなものはさっぱりやめて、「1947年憲法共和国」に早く変えてしまいたいものだ。

|

« NHK広島 「被爆70年」 | トップページ | 地域包括ケアについて私なりの物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国号変更の提案 「1947年憲法共和国」:

« NHK広島 「被爆70年」 | トップページ | 地域包括ケアについて私なりの物語 »