« 切れ切れの読書のなかから・・・ボンへッファーの引用 | トップページ | ただ一回だけ起こること »

2014年3月25日 (火)

西海の提案

再会の提案の間違いではない。

網野善彦さんに倣って、僕もそろそろ「日本」という天皇王朝によって名付けられた「国号」などはやめて、もっと今にふさわしい別の国名を考えるといいのではないかと思っているので、まして「日本海」などという呼称に何の執着もないのだが、「東海」というと、大陸や半島中心的すぎるし、何より蟹と遊び、朝鮮国の地図を黒く塗っていた石川啄木が可哀想だという気がする。

太平洋の西に位置するので「西海」というのがいいと思う。渤海、というのもレトロでよろしい。

*なお渤海とは、黄海の最深部の湾のことらしく、渤海国の王が、形式上この湾に面する地域の領主の位を貰ったので、その国が逆に渤海と称せられるようになったということだが、そういう細かいことはどうでもいいことである。

|

« 切れ切れの読書のなかから・・・ボンへッファーの引用 | トップページ | ただ一回だけ起こること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西海の提案:

« 切れ切れの読書のなかから・・・ボンへッファーの引用 | トップページ | ただ一回だけ起こること »