« ソウルの古書店(「延世大学付属 金大中図書館」の近く) | トップページ | 夢の架け橋、あるいは夢のかけら »

2013年11月10日 (日)

Manu Chaoという歌手

今日の当直の深夜の手待ち時間のように、ほかに何もすることがない時、イタリアの抵抗歌 Bella Ciaoが各地でどのように歌われているかを検索をしている。

高齢の活動家によく知られている日本語版もある。東大音感合唱研究会というグループが訳していて
「さらば恋人よ」というのだそうだ。

イランでもアフマドネジャディ大統領の選挙不正に怒る人々が緑をシンボルカラーにして街頭運動を繰り広げた時のテーマソングだったようだ。http://www.youtube.com/watch?v=SNocyz1NRjA

しかし、今日はManu Chaoというスペイン系フランス人の歌手を知った。

http://www.youtube.com/watch?v=AWR2Jjf3nW0&list=RD2-1P68DlVZo

で分かるのだが、なんだかとても面白い。両親はスペイン内戦のあと、フランコ独裁下のスペインを逃れてフランスに来たらしい。

まだ、歌詞の意味を全く調べていないのだが、悪くなさそうな予感がする。

|

« ソウルの古書店(「延世大学付属 金大中図書館」の近く) | トップページ | 夢の架け橋、あるいは夢のかけら »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Manu Chaoという歌手:

« ソウルの古書店(「延世大学付属 金大中図書館」の近く) | トップページ | 夢の架け橋、あるいは夢のかけら »