« 藤井直敬「ソーシャルブレインズ入門 <社会脳>って何だろう」講談社現代新書2010・・・竹内章郎「能力の共同性」の根拠がここにある?・・・ | トップページ | 健康権、健康戦略、健康の社会的決定要因、ヘルシー・シティ、ヘルス・プロモーティング・ホスピタル、医療の質QIの階層的位置づけ »

2013年8月 3日 (土)

呪文 ないしは 判じ物

誤解を恐れずにいえば、

今後の民医連医療活動=HPH+QI≒千鳥橋病院+埼玉協同病院

という説もあるのだが、僕は新しい公式を提唱したい。

未来の民医連医療活動=PCM(患者中心の医療)に基づく総合診療 + SDH(健康の社会的決定要因)に基づくHP(ヘルスプロモーション)によるHC(ヘルシー・シティ)づくり

この公式の弱点は短い略号がまだないことと、≒の後に続く具体的病院名がまだ思いうかばないことと、やたらカタカナの多いことである。

|

« 藤井直敬「ソーシャルブレインズ入門 <社会脳>って何だろう」講談社現代新書2010・・・竹内章郎「能力の共同性」の根拠がここにある?・・・ | トップページ | 健康権、健康戦略、健康の社会的決定要因、ヘルシー・シティ、ヘルス・プロモーティング・ホスピタル、医療の質QIの階層的位置づけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呪文 ないしは 判じ物:

« 藤井直敬「ソーシャルブレインズ入門 <社会脳>って何だろう」講談社現代新書2010・・・竹内章郎「能力の共同性」の根拠がここにある?・・・ | トップページ | 健康権、健康戦略、健康の社会的決定要因、ヘルシー・シティ、ヘルス・プロモーティング・ホスピタル、医療の質QIの階層的位置づけ »