« 「物語」という流行語を使う若者古市憲寿 とNBM について | トップページ | TPPと米韓FTAに関する学習会 »

2013年8月31日 (土)

山口民医連で初めての国際企画 

 

明日、山口民医連で初めての国際企画 「韓国FTAが韓国医療に与えた影響を学ぶ」を開く。
そのため「健康権実現のための保健医療団体連合会会」から、禹錫均医師と崔美善さんを迎えて講演会。
今日は通訳の黄慈恵さんを交えて事前の打ち合わせ。

僕たちが伊藤博文や安倍晋三の地盤で、民医連運動を展開し、韓国の民主運動と連帯することの意義がよく分かった話し合いだった。

ところで、禹錫均医師は8月28日、検察と国家情報院が李石基(イ・ソッキ)統合進歩党議員を内乱予備陰謀および国家保安法違反容疑で逮捕するとしたことが随分気にかかるみたいだった。

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2013/1377694483843Staff

しんぶん「赤旗」はこれを報道しているか?

|

« 「物語」という流行語を使う若者古市憲寿 とNBM について | トップページ | TPPと米韓FTAに関する学習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口民医連で初めての国際企画 :

« 「物語」という流行語を使う若者古市憲寿 とNBM について | トップページ | TPPと米韓FTAに関する学習会 »