« アマルティア・セン「社会的コミットメント(*仕組み)としての個人の自由」雑誌「みすず358号 (1991年1月)川本隆史訳 | トップページ | 9条が世界を救う日・・・日本の恩返し・・・互酬的世界に向かって »

2013年2月16日 (土)

厚生労働省を診断する

ここ数年、遅まきながらロールズやセンの勉強を始めて、相当時間を取られているが、厚生労働省の平成24年社会保障白書にロールズやセンへの言及があることを、名古屋の民医連の病院に勤めている次男から教えられた。確かに

http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12/dl/1-02.pdf

をみると要領良く説明されている。

こういう仕事と実際の政策の乖離をみると、精神科医なら厚生労働省は解離性同一性障害だと診断しなくてはならないのではないか。

|

« アマルティア・セン「社会的コミットメント(*仕組み)としての個人の自由」雑誌「みすず358号 (1991年1月)川本隆史訳 | トップページ | 9条が世界を救う日・・・日本の恩返し・・・互酬的世界に向かって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厚生労働省を診断する:

« アマルティア・セン「社会的コミットメント(*仕組み)としての個人の自由」雑誌「みすず358号 (1991年1月)川本隆史訳 | トップページ | 9条が世界を救う日・・・日本の恩返し・・・互酬的世界に向かって »