« 「患者の立場に立つ」ということの定義、合わせて「療養」の定義 | トップページ | アマルティア・セン「不平等の再検討 潜在能力と自由」池上幸生他訳、岩波書店1999年 »

2013年2月12日 (火)

Cry me a river

その意味は十分分かっていたが、一年前長男が僕にジュリー・ロンドンのCDをくれた。

気に入って良く聴いている。

最初の曲は大ヒット曲 「Cry me a river 」である。

しかしこのフレーズがどうにも理解できない。文法的にありえない気がする。

cryは call に近くて「私を河と呼びつつ泣け」と言っているのかとも思ったが前後がおかしい。

今日ふと気付いたのだが、cry  me は cry(他動詞) myself  で 、a  river は like as a river なのではないか?

であれば

「川のように泣く」というごく単純な意味になる。

|

« 「患者の立場に立つ」ということの定義、合わせて「療養」の定義 | トップページ | アマルティア・セン「不平等の再検討 潜在能力と自由」池上幸生他訳、岩波書店1999年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cry me a river:

« 「患者の立場に立つ」ということの定義、合わせて「療養」の定義 | トップページ | アマルティア・セン「不平等の再検討 潜在能力と自由」池上幸生他訳、岩波書店1999年 »