« 小熊英二「社会を変えるには」講談社現代新書2012を読みながら思ったこと | トップページ | 大事なことは選挙で決める、は本当か・・・選挙は、それに先行し決定されている、不正義な権力関係の再確認、あるいはお墨付きにすぎない »

2012年9月15日 (土)

HPH運動 と SDH

HPH ヘルス・プロモーティング・ホスピタルの広がりを作ることに民医連は努めている。

こういう運動と、SDH健康の社会的決定要因を明らかにしようとする学問的な営為とをどう結びつけるか、ある程度整理しておく必要があるのを感じた。

以下は、思い切り簡単なメモである。文章になっていないが、取り急ぎアップしておく。


ヘルス・プロモーションを社会の中に広く水平展開しようという動きがHPHヘルス・プローモティング・ホスピタルや、ヘルス・プロモーティング・スクール、ヘルシーシティの運動。

ヘルス・プロモーションの目標を垂直に深く掘り下げたものが、SDH健康の社会的決定要因へのアプローチ。

HPH運動は、病院が健康の社会的決定要因に積極的にアプローチすることを求めるものであり、それを担う職員・住民群の創出が欠かせない。とりわけ、ヘルス・プロモーションの立場に立って健康格差に向かい合うことを自分の仕事とする総合診療医の大量な養成こそが、運動の必須事項だ。

|

« 小熊英二「社会を変えるには」講談社現代新書2012を読みながら思ったこと | トップページ | 大事なことは選挙で決める、は本当か・・・選挙は、それに先行し決定されている、不正義な権力関係の再確認、あるいはお墨付きにすぎない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HPH運動 と SDH:

« 小熊英二「社会を変えるには」講談社現代新書2012を読みながら思ったこと | トップページ | 大事なことは選挙で決める、は本当か・・・選挙は、それに先行し決定されている、不正義な権力関係の再確認、あるいはお墨付きにすぎない »