« 「基本的人権は公理だ」と簡単に言ってはならない・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店、2011年 | トップページ | 社会契約と社会的選択・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店2011年 »

2012年5月10日 (木)

ちょっとした悪夢・・・橋下派の県知事候補としての飯田哲也氏が実現したら

飯田哲也氏を「反原発の山口県」を実現するため県知事候補に迎えようと思った僕の幼稚な企みはあえなく潰えたのだが、その後飯田氏は、大阪の橋下徹に身を寄せるという椿事が起こった。

もし、その流れで飯田氏が橋下派として山口県知事選に立候補すれば、僕たちが推す候補となるのとは別の事態が発生するだろうことに、今日気づいた。

そうなれば当選も可能となる。

そのときどういう姿勢で僕たちは県知事選に臨むか。

取り越し苦労かもしれないが、これはこれでちょっとした悪夢である。

|

« 「基本的人権は公理だ」と簡単に言ってはならない・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店、2011年 | トップページ | 社会契約と社会的選択・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店2011年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした悪夢・・・橋下派の県知事候補としての飯田哲也氏が実現したら:

« 「基本的人権は公理だ」と簡単に言ってはならない・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店、2011年 | トップページ | 社会契約と社会的選択・・・アマルティア・セン「正義のアイデア」明石書店2011年 »