« 現代の医師の二つの課題の関連ついて | トップページ | 古関彰一「日本国憲法の誕生」岩波現代文庫、2009年 »

2012年4月21日 (土)

東京からおきゃーまへ、おきゃーまからにゃごやへ

とでも、いいたくなる、出張3日目のハードな移動。

*名古屋の人は、本当は にゃごや とは言わないらしい。ただし ごや でなく 平坦に なごや というらしい。それはいいとして・・・

朝、6時台の中央線は人身事故でダイヤが乱れていた。

岡山の会議は、初めて責任者として司会したが、旧態依然として、思うようには前進せず。

夕方5時の岡山は、大荒れの天気の前兆に満ちている。

明日の名古屋の講演の会場がよくわからないままの出発。というのは、現地の担当者の若い人が、メールに資料添付を忘れたままだからである。

なんとかなるという気持ちでいくが、3日も病棟を留守にしているので若干不安になっているのも確か。

会議と講演が仕事という口舌の徒にはなれそうにない。

|

« 現代の医師の二つの課題の関連ついて | トップページ | 古関彰一「日本国憲法の誕生」岩波現代文庫、2009年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京からおきゃーまへ、おきゃーまからにゃごやへ:

« 現代の医師の二つの課題の関連ついて | トップページ | 古関彰一「日本国憲法の誕生」岩波現代文庫、2009年 »