« アマルティア・セン「アイデンティティと暴力 運命は幻想である」勁草書房2011 ・・・可能な限り多数の文脈で人間は理解されなければならない、また健康を正義と捉えるのは正義の概念の拡大であり、正義の拡大の向こうにセンも世界共和国を構想している | トップページ | 宗教って宗教専従者のものなのか »

2011年10月20日 (木)

オリオン座が昇って来る季節

午後11時過ぎ、外に出てみると東の空のひくい所に赤い星がある。

天頂近くには相変わらず木星が一際明るく光を放っている。

赤い星が火星やさそり座のアンタレスではないことはすぐに分かる。
何だか不思議な気持ちがしながら、しばらく見ていると、ようやく分かった。
オリオン座が昇って来ているのだ。
赤い星はペテルギウス、オリオンの右肩に当たる星である。(こればかりは医師の習慣で身体の左右を間違えることはない)

空はもう冬になり始めている。

|

« アマルティア・セン「アイデンティティと暴力 運命は幻想である」勁草書房2011 ・・・可能な限り多数の文脈で人間は理解されなければならない、また健康を正義と捉えるのは正義の概念の拡大であり、正義の拡大の向こうにセンも世界共和国を構想している | トップページ | 宗教って宗教専従者のものなのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座が昇って来る季節:

« アマルティア・セン「アイデンティティと暴力 運命は幻想である」勁草書房2011 ・・・可能な限り多数の文脈で人間は理解されなければならない、また健康を正義と捉えるのは正義の概念の拡大であり、正義の拡大の向こうにセンも世界共和国を構想している | トップページ | 宗教って宗教専従者のものなのか »