« 加藤周一「古典を読む 23 梁塵秘抄」1986 岩波書店 | トップページ | 雑誌「世界」10月号 島本慈子 「ある遺族の“テロとの戦い”」 »

2011年9月18日 (日)

アイパッド iPad を買った

故人の携帯電話の解約と、僕のアイパッドの購入のために近くのソフトバンクショップに出かけたが、店員のあまりの機械的対応と無知に長男も僕も傷ついて、その店でアイパッドを買うのはやめにした。

具体的にどうだったか記録しておこう。

「死亡による解約ですね。はいはい。解約金1万円です」

(死亡による場合はいらないと聞いたのだけど)

「あ、そうですか。・・・あ、そうなっていますね。死亡を証明するものありますか」

(住民票をとってきました)

「住民票じゃだめですよ」

(ちゃんと記録がされているのだけど)

「じゃ、それでいいです」・・・確認もしない

「この用紙に機種と番号を書いて下さい。番号はこちらが読み上げます」

(ぼくはカタカナでアイフォンと機種を書き、相手が読み上げる番号にハイフンをいれながら記入)

「カタカナで書く人がいるかなぁ。普通に書いて下さい。それにハイフンはいりませんよ」

遺族が契約解除にきているのだから僅かでも心配りがいるのではないか。

途中で、僕はその若い人を注意しようかと思ったが、もしかすると自分も病院でこのような対応をしてきたかもしれないと思って我慢した。

しかし、それから行った別の店は親切で、意外に簡単にアイパッドの契約ができ、使い方も丁寧に教えてくれた。この記事も今日買ったアイパッドで書いているのである。

仲間たちは石巻で会議をしているが、僕はなるべくひっそりとしていることにしている。

|

« 加藤周一「古典を読む 23 梁塵秘抄」1986 岩波書店 | トップページ | 雑誌「世界」10月号 島本慈子 「ある遺族の“テロとの戦い”」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイパッド iPad を買った:

« 加藤周一「古典を読む 23 梁塵秘抄」1986 岩波書店 | トップページ | 雑誌「世界」10月号 島本慈子 「ある遺族の“テロとの戦い”」 »