« 2011年7月最後の週末 新潟豪雨、 児玉龍彦質問 、日本母親大会&川本隆史白熱教室in 広島、甥の変貌、池田正行「ドクターG」出演に関連して私のブログ記事再録 | トップページ | 今日の腰折れ »

2011年8月 1日 (月)

雨が降って地下水位が上がると地上に核燃料が現れるのではないか?福島原発敷地内で10シーベルトを測定

児玉龍彦氏は福島原発から空気中に放出された放射能が広島原爆20個分だと言った。これ自体が衝撃的なことだが、地下には数千発分の放射能が地下水に溶けていると思われる。僕にはこちらのほうが気になる。

ただ僕はこれがこのまま海に流れ出すと考えていたが、今日そうではないのではないかと思い始めた。

雨で地下水位が上がると、地上に放射能が出現するだろう。

8月1日夜、NHK‐TVは福島原発の敷地内で1万ミリシーベルト、すなわち10シーベルト/時という、人間が即死しそうな放射能を感知したと報道した。

なんだかとんでもないことがこれから起こりそうな気がする。素人の世迷いごとであればいいのだが。

|

« 2011年7月最後の週末 新潟豪雨、 児玉龍彦質問 、日本母親大会&川本隆史白熱教室in 広島、甥の変貌、池田正行「ドクターG」出演に関連して私のブログ記事再録 | トップページ | 今日の腰折れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降って地下水位が上がると地上に核燃料が現れるのではないか?福島原発敷地内で10シーベルトを測定:

« 2011年7月最後の週末 新潟豪雨、 児玉龍彦質問 、日本母親大会&川本隆史白熱教室in 広島、甥の変貌、池田正行「ドクターG」出演に関連して私のブログ記事再録 | トップページ | 今日の腰折れ »