« 高齢者医療をどういう視点で分析するか | トップページ | 若月俊一「信州の風の色 地域農民とともに50年」旬報社 、1994年初版、2010年記念復刊 :手探りの中でヒューマニズムをどうしたら失わないでいられるか、自分の小さな成功に酔うことを嗤い、失敗を過度に卑下しないでいられるか、泥まみれになりながらも、一歩でも前に進むことができるか、という課題は、若月俊一の課題である以上に、今の私たち自身の課題である »

2010年11月21日 (日)

「ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」国立新美術館

11月19日、出張中の昼休みに国立新美術館に30分間だけ立ち寄った。

充実した展示をまさに走るように見て、午後の会議にはちゃんと間に合って遅刻しなかった。

そんなことだったので何も感想を述べる資格はないのだが、製紙工場の女工を描いたエッチングが数枚あり、ゴッホの生きたフランスがマルクスやエンゲルスも観察した19世紀資本主義さなかのフランスだったことを改めて感じた。

ゴーギャンが株の仲買人をやめて画家になったのもエンゲルスが関心を寄せた1882年の金融恐慌が原因だった。それを考えると、彼らの仕事も単に美術史の諸流派の影響の中で眺めるのでなく、フランスの経済・政治史の中で考えないと理解できないことが多いだろうとは想像される。当時の政治的諸事件にゴッホやゴーギャンがどう反応しているかを調べてみたくはなった。

|

« 高齢者医療をどういう視点で分析するか | トップページ | 若月俊一「信州の風の色 地域農民とともに50年」旬報社 、1994年初版、2010年記念復刊 :手探りの中でヒューマニズムをどうしたら失わないでいられるか、自分の小さな成功に酔うことを嗤い、失敗を過度に卑下しないでいられるか、泥まみれになりながらも、一歩でも前に進むことができるか、という課題は、若月俊一の課題である以上に、今の私たち自身の課題である »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴッホ展 こうして私はゴッホになった」国立新美術館:

« 高齢者医療をどういう視点で分析するか | トップページ | 若月俊一「信州の風の色 地域農民とともに50年」旬報社 、1994年初版、2010年記念復刊 :手探りの中でヒューマニズムをどうしたら失わないでいられるか、自分の小さな成功に酔うことを嗤い、失敗を過度に卑下しないでいられるか、泥まみれになりながらも、一歩でも前に進むことができるか、という課題は、若月俊一の課題である以上に、今の私たち自身の課題である »